■ブログ内検索

■最近の記事
■最近のコメント
■プロフィール

dark-RX

Author:dark-RX
旧・廃道、駅舎、白看が趣味の変な人

dark-RXのサイト

dark的道部屋

■カテゴリー
■過去ログ

■最近のトラックバック
■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
二ツ小屋隧道冬景色
いつものように猫旅のおばらさんと栗子・・・
ですが、今回はいつもと趣向が違い冬の探索に。
目的は二ツ小屋隧道の"つらら"を見に行くこと。
初スノーシューでの探索となりましたが、最近の暖冬?の影響で
全体的に雪は少なめでした。

出発!



雪少なっ
最初のうちは午前中だったこともあって雪が硬くスノーシューも
殆ど沈まず拍子抜け。

雪景色 in 栗子
標高を上げると流石に雪の量も多くなって中々楽しくなってきましたが
「こりゃ結構疲れるぞ、熱ちー」となって汗だくだくに。
しかし、冬景色もいいもんですねー

二ツ小屋への道
道の部分を歩っている分には雪のおかげで傾斜も緩くなってて楽チン

急斜面
でも、時間短縮の為殆ど道の部分は歩きませんでした。
急斜面のショートカットは疲れますが早い。

隧道到着
ショートカットを繰り返していると「隧道だー」とおばらさん。
なんと隧道の西側に出てしまった。
なにやらあらぬ方向からのアプローチとなってしまったようですww

二ツ小屋隧道冬景色
二ツ小屋隧道に到着。
しかし、反対側の光がにぶい。つららが成長しているに違いない。

死の穴
などと思いながら隧道へ向かおうとしていると「おばらさん雪洞踏み抜き事件」が勃発!
なんとか体勢を立て直そうと一歩踏み出すとまたもや踏み抜いてしまって動けなくなって
しまったようでした。奥の穴が最初の踏み抜き地点。
なんでも両足が浮いていたとか・・・怖い怖い。

支度中
気を取り直して隧道内探索と行きます。

隧道内部
さて、お目当てのつららの出来はいかに?

つららだー
よしよし、ちゃんと出来てる(^_^)
以前写真で見たのよりは小さいようですが、まあ上出来でしょう!

つらら2 氷の成長 氷の祭典

壁の中の氷 不思議な氷 雪波
氷景美を堪能

滝氷
米沢側坑口にあるいつもの滝も立派な氷滝に。

雪の世界へ
再び雪中へ。
時計を見ると隧道に入ってから1時間40分ぐらい経ってました。
おばらさんはさっきの踏み抜きで濡れた体が冷えてしまったようで、
この先の烏川橋まで行って休憩とすることに。

烏川橋への道 烏川橋再見
隧道を抜けると雪の量が増えてフカフカの雪に。
沢筋も違うし、北側の斜面だからか?
程なくしてスッポリと雪に覆われて前後の道と同化している橋が見えてきました。

烏川橋
烏川橋。
かすかに橋の欄干部分が盛り上がっています。
橋の端は怖いので中央付近で雪を踏み慣らしてティータイムと相成りました。

休息
休息中・・・

慰霊碑 帰還
下山後、新沢橋へお立ち寄り。
慰霊碑もすっかり埋もれていました。

”新”万世大路
新沢橋付近から現道の眺め
国道側から新沢橋の撮影を試みるも木の枝が邪魔で微妙な写真しか撮れず。

寄り合い所
この後はもはや恒例となりつつある、温泉→某地にて夕食のパターン。
高湯温泉にてどっぷりと湯に浸かり疲れを癒した後、
サイトつながりの中で勝手に大ボスと思っている山口屋さんにて夕食を頂きました。
ご馳走様でした、おいしかったです(^-^)

2人目の大ボス
山口屋さんに駐車場をお借りして今回はさらにこの後、
2人目の大ボスであるサニパンさんをお迎えして、酒の席となりました。

おばらさん毎度ながらありがとう&お疲れ様でした!
サニパンさん夜遅くまで付き合っていただいてありがとうございました、また飲みましょう!
山口屋さん駐車場感謝でした!朝、近所の方と思しき人にジロジロ見られたので
思わず目を反らしちゃいました、不審に思われたかなぁ(^_^;





岳温泉
郡山へ帰りの道中、単に帰るのもアレだなーってことでそのまま
二本松にある岳温泉の共同浴場「岳の湯」へ。
開店の朝10時きっかりに入るも早速5~6人がドヤドヤと入ってきてにぎやかに。

岳の湯
成分表に湯温は47℃と書いてありましたが、多分43℃ぐらいしかないんじゃないかという感じでした。
それでも「つーっ、熱い」と言って中々入れない人が。
なんか飯坂で慣らされちゃったんでしょうかねー、いい湯加減でした(^_^;
2日連続で酸性泉だったので(一時的に)肌がツヤツヤにw
ついでに硫黄臭もプンプンでしたww

と、言う訳で密度の濃い休日が過ごせました。
さて、次はどこに行こうかなぁ。
スポンサーサイト
日記 | 23:52:46 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
感激しました!
今は携帯からなので画像は見られませんでしたが(悲)冬に探索とはすごいですね!!!栗子峠の旧道は1回も行ったことがないのでいつか行ってみたいです(^_^)
2009-02-11 水 18:53:36 | URL | Beard-man [編集]
同じ道中記でもそれぞれに個性が違っていて面白いですね。
しかし、やはり良いカメラは画像が奇麗だなー・・
沼にはまるのもヤバイし・・困った困った。
2009-02-12 木 00:33:14 | URL | 山口屋の大ぶす [編集]
幻想的な世界!
いやあ、ホントに美しい!幻想的な世界が広がってますねえ隧道内部.
IMG_0427.jpg の写真が特に美しいです!
2009-02-13 金 22:22:50 | URL | MIMIZUK [編集]
>Beard-manさん
自分も冬(雪山)の探索は初めてだったんですが、
普段の探索とは違って新鮮味があって面白かったですよ。
Beard-manさんも機会があれば是非!

>山口屋さん
これはこれは大御所様(笑)
沼などと言わず是非お散歩のお供に!
山口屋さんに一眼って凄く似合いそうですが?

>MIMIZUKさん
そうですねー、わざわざ行った甲斐がありました。
現地でも隧道出口の光がつららに透けて輝く姿は大変美しく、
ついつい時間を忘れて撮影に没頭してしまいました(^_^;
2009-02-14 土 00:55:33 | URL | dark [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。