■ブログ内検索

■最近の記事
■最近のコメント
■プロフィール

dark-RX

Author:dark-RX
旧・廃道、駅舎、白看が趣味の変な人

dark-RXのサイト

dark的道部屋

■カテゴリー
■過去ログ

■最近のトラックバック
■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自宅線量調査Ⅱ
自宅線量調査結果に対してMokichiさんよりコメントを頂いた内容について
検証を行うべく、本日早速実行してみました。
疑惑の"7.62uSv/h"の地はこちらです。


ご覧の雨樋口の真下(赤丸:エリアB)が先日の測定で7.62uSv/hを観測した場所です。
すぐ脇の黄丸(エリアA)では同様に0.8~1uSv/h程度を観測しています。

検証は周囲に比べて異常に高い線量率がβ線によるものなのかどうかです。



いきさつを少々。
自宅線量調査の結果、一つのポイントで観測された「7.62uSv/h」について
Mokichiさんより「β線の影響あるかもしれない」という情報がもたらされました。
それによるとGM計数菅はγ線に比べβ線の検出効率が高く
2つを同時測定してしまうとβ線の影響で異常に高い数値がでることがある、ということです。
またβ線が皮膚下2~3mmで止まることは知っていたのですが、通常の線量計で表示しているのは
"1cm線量当量率"というもの(つまり皮膚下1cmでの被曝量)なので、
β線量はこれに含めることはできないもののようなのです。
このあたりは完全にdarkの勉強不足でした。

dark所有の「RM-2021」というもの自体、GM管を搭載しているため
β線も検出できてしまうものとは思います。(一応β線にも対応と記載はされています)
しかしこの機種はGM菅が外部に露出していない、つまり樹脂で覆われた状態になっています。
β線自体、数mm厚のプラスチックやアルミ板で遮蔽できるものなので
もしかしたらすでにかなり遮蔽できているかもしれません。
とりあえずさらなる遮蔽を行うことで線量率が変わるかどうか?について、
いくつかのパターンで検証してみました。

とりあえずは生の状態で測定。


左からエリアB(地上高さ5cm)、エリアA(地上高さ1m)、エリアA(地上高さ5cm)です。
あれ・・・今日はBエリア高いぞ?

続いて本命のAエリア(地上高さ5cm)。

左から1回目、2回目の測定。
やはり高い。


続いてはご覧のようにホイル巻きのうえ、下にアルミ板を敷いて測定したところ・・・


2回測定。お、少し下がった?
いや、誤差の範囲かも。


次はさらにアルミ缶を持ち出してきてスッポリ入れてみます。
ありゃ、やっぱし変わってねぇ。


フタを閉めてみました。30秒間の計測なので、タイミングを見計らってフタを開けて値を確認します。
んー・・・変わったとは言えない感じですかな。


最後に本体裏の電池フタを開けて測定してみます。これを開けると隙間から基板が見えるようになるので、
多少はGM計数管に放射線が届きやすくなるかもしれません。
んが、余計に下がったw
(たまたま低かったようで、この後数回測ったらやはり元通りでした)

以上で簡単ではありましたが検証を終了しました。
アルミ箔+アルミ板+アルミ箱の組み合わせでも線量率の目立った減少がほとんど無かったことを考えると、
測定した線量はγ線が支配的なのではないか?という結論に至り・・・そうになりましたが、
そもそもγ線は空間減衰が少ないのだからエリアBの地上1mでの測定でも
それなりの値がでないと変なのでは?という疑問も沸いています。

まあ、なんにせよβ/γを分離して測定できる機種以外で線量を測定する場合、
地表付近など線源に近くβ線の影響を受けやすい範囲では測定値は参考程度としたほうが無難かも。

放射線測定って難しいなぁ・・・(´_`;)ゞ


余談ですが・・・
市内の線量を詳細に測定してマップ上に落とし込む作業を予定しています。
1m高さで測定するつもりではありましたが、このタイミングでこういった情報が得られたのは幸運でした。
知っているのと知らないのでは大違い!
というわけでMokichiさん、感謝いたしますm(_ _)m
スポンサーサイト
放射線 | 00:23:20 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
やはり高いみたいですね
検証測定,どうもお疲れ様でした。こうやってすぐに実行に移して頂けるのは有り難いです。

金属で遮蔽してもそれほど目立って減らないので,γ線の寄与率が高いような感じですね。おそらく,ホットスポットなのでしょう。
雨に含まれた放射性物質が染みこんでいる・・・んでしょうかねぇ?

市内の線量マップ,きちんと計ったのを作るのは大変有益だと思います。がんばってください。
2011-05-28 土 14:22:43 | URL | Mokichi [編集]
ご覧頂きありがとうございます。
Mokichiさんから情報を頂いて検証を行ったおかげで、
手持ちの機器の特性についても改めて色々と知ることができました。
ありがとうございます。

この2ヶ月半、雨樋を通じて集められた放射性物質がじっくりと
浸透して溜まってしまったものなのでしょうね。
しばらく経ったら土を入れ替えて除染テストでも行ってみましょうか(^_^;

>線量マップ
測定器が安物なので値は参考程度となるでしょうが、各ポイントを相対的に見るならば
ある程度傾向が明らかになるのではと思っています。
6月中には完成させたいのですが、雨が多いと難しいですね・・・
2011-05-29 日 00:29:08 | URL | dark [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。