■ブログ内検索

■最近の記事
■最近のコメント
■プロフィール

dark-RX

Author:dark-RX
旧・廃道、駅舎、白看が趣味の変な人

dark-RXのサイト

dark的道部屋

■カテゴリー
■過去ログ

■最近のトラックバック
■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
里帰り


所用で久しぶりに故郷・小野町へ行ったついでに、母校へ立ち寄ってみました。
今年で卒業からちょうど20年。
特に新しいものが出来た、ということもなく変わらない姿・・・
と思ったら正面玄関脇の目立つ場所に無粋なものがありました。






去年の秋ごろから設置が始まっていた、
文部科学省の「リアルタイム線量測定システム」です。
http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/ で測定結果を閲覧できます)
郡山市内ではボチボチ見かけていましたが、こんな田舎にも・・・(当たり前か)
原発の南西側は全体的に汚染が少なくなっており、
小野町も例にもれず線量は非常に低いです。



さて、本題はこちら。
上の写真で2基設置されていた右奥のほうですが・・・
「リアルタイム線量測定システム」で運用されているのは左前の線量表示があるほうで、
こちらはメーカーが文部科学省から契約解除を突き付けられてしまった
言わば”黒歴史”ともいうべき代物。これは実物を初めて見ました。

契約解除について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/11/1313395.htm

小さな表示部には何やら暗号のようなものが・・・
「000.13B」などというところが線量率でしょうかね~(^_^;
脇に銘板がありS/Nが書かれていますが、表示部のS/Nと合ってない。
2011年11月製となっていますが、↑のサイトにあるように
契約解除となったのが11/18ですから、まさにその時期の設置だったようです。

一応、動作はしてるし撤去しないところを見ると何かには活用されてるんでしょうか・・・


***************************************************************



帰宅後、何気なく原発からの距離を測ってみると
小野町役場と飯舘村役場への距離がほぼ同じであることに気づきました。
同じくらいの距離だとは思っていましたが、ここまで一致するとは・・・
今の飯舘村の状況がそっくりそのまま小野町で起こり得た可能性も十分あったはず。
なんとも恐ろしい・・・
スポンサーサイト
放射線 | 22:58:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。