■ブログ内検索

■最近の記事
■最近のコメント
■プロフィール

dark-RX

Author:dark-RX
旧・廃道、駅舎、白看が趣味の変な人

dark-RXのサイト

dark的道部屋

■カテゴリー
■過去ログ

■最近のトラックバック
■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新幹線駅舎+白看の旅その1
:旅部屋より移植

2003年8月某日、某学会での発表の為に岩手へ行くことになったdark。
これはチャンス!公的に休める!と学会が主体のはずなのに
以前から目論んでいた東北の新幹線駅舎を撮影する旅となった。
こうなると人間、欲が出てくるものでついでに色々なサイト様で見かけていた
白看達にも会いに行こう!と欲張りな計画を立ててしまった。
学会の前日と次の日は強引に休みとして、準備完了。
北東北の旅が始まった・・・



●一日目●

友人O氏と待ち合わせてAM7:00、出発となった。
朝から晴天で「学会は明日だし、今日は何処から回ろうかな・・・」と気分も高揚する。
やはり旅はこの出発前の”期待感”がたまらなく好きだ。
とりあえず最初の目的地は「くりこま高原駅」に決めて、のんびり行くことにした。
計画としては今日中に盛岡市に着くことを目標としよう。
本宮インターから高速へ乗る。車中のBGMについて「おお!これ懐かしい!」等々、
ローカルな会話を繰り返しているうちに
あっという間に仙台付近へ到達していたが、ここでアクシデント発生!
というほど大げさなものでは無いが「雨」が降ってきてしまったのだ・・・
今日は雨の予報は無かったのに・・・
最初の目的地にも着かぬうちに雨は予想外だった。
が、「今日はどうせ旧道探索するわけじゃないし、雨もしっとりしていいだろう。」と
とりあえずプラス思考をしてみることにした。

くりこま高原駅
田圃の中にあるくりこま高原駅
駅裏にある建物がまるで空港の管制塔のように見える。
その正体は駅とは独立した「エポカ21」という多目的施設である。


築館ICで降り、少し走るとくりこま高原駅に到着。
この駅は新幹線専用駅で、駅に向かって広大な田圃の中、
一直線に伸びる停車場線と、見えてくる駅舎はまるで
空港のようにも見える。まわりには本当に田畑しか無いが、
こんなにも自然あふれるロケーションが良い。
そしてO氏にはdarkのバイタリティー溢れる?撮影っぷりを
存分に見せつけてやった。
しかしO氏も負けじと撮影し、
しかもその写真を写メールしていた。完敗(?)である。
駅舎撮りでは負けたので、次は白看を探すことにした。
しかしこんなのをいちいち書いていると
延々と続くことになるので割愛。
以後、駅→白看→駅・・・の2本構成で盛岡まで続くことになる。
と、聞いただけでウンザリする読者様もいるかもしれない。
しかし、darkの旅など、毎回こんなものなのだ。
O氏も例外ではなく、さすがにお疲れの様子。
しかし運転の主導権はdarkの手中にあるため
「まだまだいけるぜ!」と強引に連れ回した。
そうして盛岡に到着したのはPM7:00少し前だった。
もっと遅くなるかと思っていたのが、予定よりかなり早く
着いてしまったので、勢い余って
「よし、八戸まで行くか」と言ってしまった。
完全無計画な旅は泊まる場所さえ決めていない為、
どこに行こうが自由なのである。
O氏にはもう少し我慢してもらうことにした。

青岩橋白看夜
岩手-青森県境、青岩橋にて
ちなみにこれは白黒画像ではありません(^-^;


八戸に向かう途中、岩手-青森県境では
旧道を選択し進むことに。
なぜかといえば、言うまでも無く白看があるからである。
旧道の青岩橋は街灯が一本も無く、完全に闇に覆われていた。
青森県側にはラブホがあったり街灯が点いていたりしたが・・・
そんな闇の中でヘッドライトに映し出された白看、
←の白看と「青森県」の県境白看である。
これにはO氏も再びヒートアップした様子で、
darkも嫌われずに済んだ。(良かった~(^-^;)
さらに青森県側に渡りきってから振り返るとそこには
「金田一村」の白看もある。
金田一村は岩手県二戸郡の村だったが
昭和47年には隣接する二戸郡福岡町との合併で
二戸市となっている。
合併によって市町村名が消えてから
実に30年以上もここにあり続けている白看。貴重すぎる。
世の恋人達は隣のラブホに入っていくのだろうが、
どうやらdarkはこの白看達に恋してしまったようであった。
4枚あったので4股である。お見事!w
明日はまた昼頃までに盛岡に戻らなくてはならないので
また明日、戻る途中で寄ることにしよう。
昼の姿を存分に期待しながらこの地を後にした。

余談だが、現道の青岩大橋は東北本線の旧線と同じ場所に
架かっている。その為、橋台は旧線のものを転用している。
もちろんレンガ積みである。

本八戸駅
夜の本八戸駅。
さすがに夜も10時を回っていたので人影もまばらだった。


青岩橋を後にして、あとはひたすらR4を北上。
名川町剣吉にてR104に乗り換え八戸市に到着。
すでに時計は10時半になっていた・・・
とりあえず本八戸駅へ来た我々は今日泊まるところを
探さなくてはならなかった。
これが一人の旅であれば最終手段として車中泊もアリなのだが
O氏にそれを強いるのは酷だろう。
と、いうわけでO氏に探させて(爆)市内の
新八温泉なる健康ランドに泊まることにした。
季節は夏、大量の汗をかいているのでゆっくりと汗を流したい。
温泉にも入れるし一石二鳥である。
さて、明日はどこを回ろうかなー・・・ムニャムニャ
(※明日は学会です、本当はいろいろ回るどころじゃありません(笑))
こうして夜は更けていった。

続く・・・
スポンサーサイト
| 21:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。