■ブログ内検索

■最近の記事
■最近のコメント
■プロフィール

dark-RX

Author:dark-RX
旧・廃道、駅舎、白看が趣味の変な人

dark-RXのサイト

dark的道部屋

■カテゴリー
■過去ログ

■最近のトラックバック
■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新幹線駅舎+白看の旅その2
●二日目●

八戸の健康ランドにて朝を迎えたdarkとO氏。
今日は学会があるため昼過ぎには盛岡に到着していなければならない。
もちろんその前に寄る所がある。
この旅の目的通り、新幹線駅舎と白看の撮影である。
新幹線駅舎は現在の東北新幹線の終着駅である八戸、そして二戸、いわて沼宮内、そして盛岡駅。
白看は昨日の夜であったあの白看達。
と、いうわけで朝風呂は忘れずに入って(^-^;早速行動を開始した。




青岩橋白看
貴重な白看の宝庫、青岩橋の袂。
このロケーションは堪らない・・・!!


足早に八戸駅へ。
「八戸」駅といっても街の中心部からは少し離れており、
中心部は昨日の夜立ち寄った本八戸駅である。
実は1971年までは八戸駅は「尻内駅」、本八戸駅が「八戸駅」
だったのだが・・・まあこれは余談として八戸駅の撮影を終え
次はいよいよ昨日の白看達との再会である。
胸躍らせながら昨日のルートをそっくりそのまま南下する。
昨日は闇の中浮かび上がった白看達に興奮しすぎて
まるでそれが一夜の幻だったのではないか、とさえ思った。
しかし、青岩橋に到着した我々を待っていたのは紛れも無く
時代を超えて現存し続けた白看達だった!
「やったー!」と叫びたい気持ちを抑えて撮影に没頭した。
この白看の森にいつまでも居られたらどんなに幸せだろうか・・・
しかし学会の時間が・・・くそっ!学会め!(T_T)

岩手県立大学
学会会場では変なオブジェがお出迎え。
なんだこりゃ?


泣く泣く白看の森にお別れをしてR4を南下する。
二戸、いわて沼宮内の駅を記録に収める。
途中R4沿いで旧道を見つけたりした。
ものすごく探索したかったのはもちろんだが、やはり時間が・・・
ウダウダしている間に結構時間ギリギリになってしまい、
焦って学会会場へ。
結局会場到着は発表30分前とかなりきわどかった( ̄。 ̄;;
そして無事に発表も終わり、最大の目的は達成したのであった。
これにて一安心!\(^o^)/
会場の皆さん、訳ワカラン発表ですみませなんだm(_ _)m

仙岩トンネル
夜の仙岩トンネル(ピンボケですが)
秋田県に突入。


つづいて盛岡駅の撮影を終え、この時点で東北新幹線の
駅舎撮影は一応の決着を見たのでした。
あとは青森延伸と北海道新幹線を待つだけ(笑)
そしてなんとなく秋田へ向かう。ちなみにこの当時はまだ
あの御方の働くコンビニが何処にあるのかも
分からなかったのでその目的はありませんでした。
が、今なら間違いなく寄ってたな・・・
秋田へ向かう途中もいくつかの新幹線駅や白看と
出会いと別れを繰り返しながら
R46を西進。仙岩トンネルを抜け、
夜の田沢湖でO氏と肝試しをしたりして(笑)秋田へ到着。
さてさて、んでは今日の寝床もO氏に探して
もらおうか(´ー`)y-oO
すっかりO氏に頼りっきり、いやーすんませんでした。
と、いうわけで程なくしてまたしても健康ランドになり、
めでたく温泉付きの宿になったのでありました。
明日はあっという間の最終日、残りの駅を撮り終えたら
帰途に着かなくてはならない。
「帰る」のがまた一苦労なのですがね(汗)
そんなことを考えている内に睡魔が・・・zzz

続く・・・
スポンサーサイト
| 21:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。